トップページ > ▼カルチャー > ▽ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】

▽ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】

◎ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】とは?

 一流専門家が指導する本格的紅茶講座。紅茶コーディネーターの資格が取れます!

 紅茶の本場英国では、目覚めのアーリーモーニングティーに始まり、朝食のブレックファーストティー、午後のアフタヌーンティー、一日の終わりにくつろいで飲むナイトキャップなど、生活のあらゆるシーンで優雅なティータイムが楽しまれています。

 最近日本でも、紅茶がブームになっています。全国各地で紅茶専門店が次々にオープンし、紅茶教室なども大盛況です。いま、紅茶についての専門的な知識と技能をもったスペシャリスト、「紅茶コーディネーター」は、各方面からひっぱりだこ。心安まる時間と空間をコーディネートする「紅茶コーディネーター」は、まさに豊かな社会の人気のスペシャリストといえます。


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
       ↓ ↓ ↓
ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】





◎ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】紅茶コーディネーターとは?

 あなたも「紅茶コーディネーター」として活躍してみませんか?

紅茶ブームの高まりを受けて、レストランや紅茶専門店、ホテルのティールームなど各方面で優雅なティータイムを演出できるスペシャリストが求められています。ワインのソムリエのように、お菓子やお料理に合った紅茶をアドバイスしたり、紅茶専門店で茶葉の選び方や美味しい入れ方を指導したり・・・と活躍の場は多彩です。その他、現在喫茶店を経営されている方、紅茶教室の講師として活躍したい方など、「紅茶コーディネーター」の技能は様々なシーンで役立ちます。




少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
       ↓ ↓ ↓
ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】





◎ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】紅茶コーディネーターの必要性とは?

 レストランで
 ワインが飲めない方にはアイスティーを。食事を美味しくする紅茶の種類を、まるでソムリエのようにメニューに合わせて 選んでさしあげることができます。

 ティーショップで
 紅茶の専門店が増加中。選び方、飲み方、合わせるお菓子までお客様に的確なアドバイスができる専門家が求められています。

 商品アドバイザーとして
 食品・飲料メーカーなどの商品開発をコンサルタント。食生活やライフスタイルに合わせた飲み物の開発ができる 専門知識が企業からも求められています。

 紅茶教室で
 紅茶教室は全国各地で大人気。地域の婦人会やカルチャー教室など、講師はひっぱりだこです。

 喫茶店で
 ストレートティー、ミルクティー以外にも、ハーブティー、フルーツティーなど、いろいろな種類の紅茶メニューを 提供する喫茶店が増えており、本当においしい紅茶が入れられ、本格的なサービスができる専門家が求められています。


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
       ↓ ↓ ↓
ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】





◎ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】講師の紹介

 日本を代表するオーソリティーが、あなたを「紅茶コーディネーター」に育てます!

 ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】の主任教授には、日本の紅茶研究家の第一人者としてTVや雑誌等でもおなじみの磯淵猛先生をお迎えしました。 紅茶の美味しい入れ方はもちろん、バリエーションティーからテイスティングなどの専門技能まで親切丁寧な指導が受けられます。

 ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】の指導陣は、磯淵先生を始め紅茶のプロとして活躍する一流専門家。あなたは、ご自宅に居ながら、このような一流専門家から本格的な英国紅茶の知識、技能を学ぶことができ、楽しみながら「紅茶コーディネーター」の実力を身につけることができます。




少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
       ↓ ↓ ↓
ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】





◎ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】のポイント

 英国のティータイムにも欠かせないお菓子や料理の作り方も本格的に取得できます!

 英国では、ティータイムに紅茶と一緒にお菓子や軽食を楽しみながら、ゆったりとくつろいだ時間を過ごします。紅茶のプロを目指す方はもちろん、ご家庭や親しい人たちを招いてのティーパーティーには手作りのお菓子や料理でおもてなしをしたいもの。

 ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】ではティータイムに欠かせないお菓子や料理のコーディネート、作り方を料理研究家の第一人者である 藤野真紀子先生から教わることができます。紅茶の種類やパーティーの時間、目的に合ったコーディネートや作り方が身につきます。




少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
       ↓ ↓ ↓
ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】





◎ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】受講生の声

 私も安心してオススメしている資格です!

 紅茶コーディネーター養成講座を知ったのは、たくさんの人達からの口コミでした。お料理・お菓子教室を主宰していて、生徒さん達が紅茶コーディネーターを続々と取得し、生き生きと紅茶の時間を楽しんでいる様子でした。大人の女性も満足の講座内容だと実感し受講を決めました。

 紅茶の生産地や歴史など体系的にわかりやすい説明と、たくさんの美しい写真やイラストが載っているテキストは、忙しい日常の中でも楽しみながら学習を進める事が出来ました。そして紅茶の実践方法も充実しており、無理なく自然に身につける事が出来ました。

 紅茶コーディネーター資格取得後は、レッスン後の試食の時間が紅茶を飲みながらの豊かなプチ・ティーパーティーに変わりました。また、企業や団体からの講師依頼が来て活動の幅が広がり感謝しています。私も安心しておすすめしている資格です。
(菊地和美さん)


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
       ↓ ↓ ↓
ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】





◎ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】受講生の声

 紅茶の知識を得ると同時に家族の絆も深まりました!

 主人のアメリカ勤務にともなって渡米した際、長旅の疲れを癒そうと思い、日本から持参したティーパックで紅茶を入れた時の驚きは今でも忘れられません。くすんだ茶褐色で香りも少なく、味気なく、茶葉の品質が悪くなったのかと思いました。今なら、日本とアメリカのの水(アメリカでは決して水道水を飲みません)の違いだとわかるのですが、当時の私にはこのような知識がありませんでした。

 帰国後、家族や料理教室の生徒さんたちにおいしい紅茶を供することができたらと、本講座を受講しました。仕事や家事があるため、レポートが延滞して挫折しそうになったこともありましたが、家族の励ましや協力が大きな活力を与えてくれました。私とともに試飲し続けた娘は、「ダージリンの香りは好きだけれど、ウバのミルクティーが一番好き」とか、キーマンやラプサンスーチョンのような中国紅茶は苦手」などと、茶葉銘と味や香りの区別ができるようになってしまいました。おかげさまで、紅茶を通じて楽しく親子のコミュニケーションも図れます。そんな娘のために、最後のレポートは彼女のバースデーのアフタヌーンティーパーティーを開きました。

 本講座を受講し、知識を得たこともさることながら、家族の絆も深まり、何よりのことだと思います。
(服部文恵さん)


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
       ↓ ↓ ↓
ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】





◎ハッピーチャレンジゼミの資料郵送可能地域一覧

北海道・ 青森県(青森)・岩手県(岩手)・宮城県(宮城)・秋田県(秋田)・山形県(山形)・福島県(福島)・茨城県(茨城)・栃木県(栃木)・群馬県(群馬)・埼玉県(埼玉)・千葉県(千葉)・東京都(東京)・神奈川県(神奈川)・新潟県(新潟)・富山県(富山)・石川県(石川)・福井県(福井)・山梨県(山梨)・長野県(長野)・岐阜県(岐阜)・静岡県(静岡)・愛知県(愛知)・三重県(三重)・滋賀県(滋賀)・京都府(京都)・大阪府(大阪)・兵庫県(兵庫)・奈良県(奈良)・和歌山県(和歌山)・鳥取県(鳥取)・島根県(島根)・岡山県(岡山)・広島県(広島)・山口県(山口)・徳島県(徳島)・香川県(香川)・愛媛県(愛媛)・高知県(高知)・福岡県(福岡)・佐賀県(佐賀)・長崎県(長崎)・熊本県(熊本)・大分県(大分)・ 宮崎県(宮崎)・鹿児島県(鹿児島)・沖縄県(沖縄)




少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
       ↓ ↓ ↓
ハッピーチャレンジゼミの【紅茶コーディネーター講座】