トップページ > ▼ペン字・書道 > ▽がくぶんの【賞状書士養成講座】

▽がくぶんの【賞状書士養成講座】

◎がくぶんの【賞状書士養成講座】とは?

 「誇り」「やりがい」「実益」に直結する毛筆筆耕技能です!

賞状書士は理想の新在宅ワーク技能!がくぶんの【賞状書士養成講座】では、現役カリスマアフィリエイターの直接指実務に即したお手本を783例も掲載したテキストを使用。原寸大の文字お手本集も採用しました。
ひらがな・カタカナの書き方から、専門用語の書き方、バランスの取り方まで、実務経験豊富なプロの懇切な朱筆個別指導で、あなたを確実に賞状書士へと導きます。

※この講座は(社)日本通信教育振興協会・(社)全国産業人能力開発団体連合会の認定講座です!


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
    ↓ ↓ ↓
がくぶんの【賞状書士養成講座】
画面右上にある「資料請求」をクリック!)




◎がくぶんの【賞状書士養成講座】は『教育訓練給付制度』の指定講座

☆がくぶんの【賞状書士養成講座】は、厚生労働省『教育訓練給付制度』の指定講座です!

  『教育訓練給付制度』とは?

多様な職業能力開発が求められる中で、働く人のスキルアップを応援し、雇用の安定と再就職のバックアップを目的とした雇用保険の給付制度です。(平成15年5月1日より、制度が一部改正されました)

  『教育訓練給付制度』の対象者は?

教育訓練給付の支給対象者(受給資格者)は、次の(1)または(2)のいずれかに該当する方であって、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した方です。
(1)雇用保険の一般被保険者
厚生労働大臣が指定した教育訓練の受講を開始した日において、雇用保険の一般被保険者である方のうち、支給要件期間が3年以上ある方。
(2)雇用保険の一般被保険者であった方
受講開始日において一般被保険者でない方のうち、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内であり、かつ支給要件期間が3年以上ある方。

<こんなケースも大丈夫!>
* 今の会社はまだ2年目、でもそれ以前にも勤めていたことがあるという方。雇用保険の一般被保険者だった期間が合計で3年以上で離職と就職の間が1年以内なら大丈夫。
* 雇用保険の一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降1年以内に、妊娠・出産・育児・疾病・負傷等の理由により、引き続き30日以上対象教育訓練の受講を開始することができない日がある場合は、ハローワークにその旨を申し出ることにより、当該資格を喪失した日から受講開始日までの教育訓練給付対象期間に受講を開始できない日数(最大3年まで)を加算することができます。

  『教育訓練給付制度』支給の流れ

厚生労働大臣が指定した教育訓練を受けて修了すると、申請手続きを終了したのち、受講のためにかかった教育訓練経費(受講料)が、所定の給付率に基づいてハローワークから直接あなたに支払われます。 給付率は、支給要件期間が3年以上〜5年未満の場合と5年以上の場合とでそれぞれ異なります。(平成15年5月1日以降に受講開始した場合)
支給要件期間 :5年以上  給付率 4割(40%)  上限額 20万円
支給要件期間 :3年以上〜5年未満   給付率 2割(20%)  上限額 10万円


  注意事項

それぞれの支給要件期間に対する給付額が8001円を超えない場合、給付金は支給されませんのでご留意ください。
* 支給要件期間が5年以上の方で、講座経費が20,003円未満の教育訓練指定講座を受講される場合、給付額が8001円を超えないため、給付金は支給されません。
* 支給要件期間が3年以上5年未満の方で、講座経費が40,005円未満の教育訓練指定講座を受講される場合、給付額が8001円を超えないため、給付金は支給されません。
※当センターの各講座の受講料については、講座案内資料(無料)にてお確かめください。
受講料を分割払いでお支払いいただく場合は、修了時までにお支払いいただいた額の4割(または2割)となります。


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
    ↓ ↓ ↓
がくぶんの【賞状書士養成講座】
画面右上にある「資料請求」をクリック!)




◎がくぶんの【賞状書士養成講座】の内容

<内容>
● 基本編/毛筆の知識・姓名の書き方・楷書筆耕の基礎
● 基礎編・実践編/賞状の知識・筆耕の工程
● 実務編/筆耕・・・宛名書き・お祝いの表書き
● 応用編/筆耕・・・看板・式次第・表札・年賀状

<教材>
* テキスト5冊
* 原寸大お手本集2冊
* 就業の手引き
* 賞状(現物)
* 割付け練習帳
* 添削課題集 ほか


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
    ↓ ↓ ↓
がくぶんの【賞状書士養成講座】
画面右上にある「資料請求」をクリック!)




◎がくぶんの【賞状書士養成講座】のポイント

<ポイント1>
ほかでは絶対手に入らないオリジナル教材!
本講座のテキストは、書道界の第一人者・石川芳雲先生が長年の指導経験を生かして総合監修し、実践で即役立つ貴重なお手本を今村南茅先生が揮毫、筆耕テクニックのすべてを完全公開しています。

<ポイント2>
どんな仕事もこなせる、毛筆筆耕の実力が身につきます。
あなたの技能習得を効果的にする原寸大お手本集を採用しました。テキストでは縮小して掲載しなければならないお手本が原寸大で収録。文字の大きさや割付けがひと目でわかります。

<ポイント3>
これで稼げる!確かな技能
賞状1枚の筆耕で2000〜5000円 。身近なところに仕事が豊富!
毛筆一本でできる自宅での副業に最適!一文字一文字が高収入に結びつく貴重な専門技能です。


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
    ↓ ↓ ↓
がくぶんの【賞状書士養成講座】
画面右上にある「資料請求」をクリック!)




◎がくぶんの【賞状書士養成講座】賞状書士について

賞状書士の活躍の場は、官公庁、一般企業、デパート・スーパー、印刷会社、イベント会社、学校・団体、ホテルなど、数限りなくあります。仕事は、賞状や感謝状の筆耕から、招待状の宛名書き、内祝いののし書き、金封の表書き、表札、胸章(リボン)まで、大変幅広く依頼があります。本講座なら、すべての実務に直結する毛筆筆耕技能が短期間で身につきます。




少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
    ↓ ↓ ↓
がくぶんの【賞状書士養成講座】
画面右上にある「資料請求」をクリック!)




◎がくぶんの資料郵送可能地域一覧

北海道・ 青森県(青森)・岩手県(岩手)・宮城県(宮城)・秋田県(秋田)・山形県(山形)・福島県(福島)・茨城県(茨城)・栃木県(栃木)・群馬県(群馬)・埼玉県(埼玉)・千葉県(千葉)・東京都(東京)・神奈川県(神奈川)・新潟県(新潟)・富山県(富山)・石川県(石川)・福井県(福井)・山梨県(山梨)・長野県(長野)・岐阜県(岐阜)・静岡県(静岡)・愛知県(愛知)・三重県(三重)・滋賀県(滋賀)・京都府(京都)・大阪府(大阪)・兵庫県(兵庫)・奈良県(奈良)・和歌山県(和歌山)・鳥取県(鳥取)・島根県(島根)・岡山県(岡山)・広島県(広島)・山口県(山口)・徳島県(徳島)・香川県(香川)・愛媛県(愛媛)・高知県(高知)・福岡県(福岡)・佐賀県(佐賀)・長崎県(長崎)・熊本県(熊本)・大分県(大分)・ 宮崎県(宮崎)・鹿児島県(鹿児島)・沖縄県(沖縄)


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
(もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
    ↓ ↓ ↓
がくぶんの【賞状書士養成講座】
画面右上にある「資料請求」をクリック!)