トップページ > ▼任意保険について > ▽無保険車傷害保険とは?



▽無保険車傷害保険とは?

無保険車傷害保険とは、対人賠償責任保険など人に対する保険がついていない自動車(無保険車という)との事故により死亡したり、後遺傷害を負った場合に保険金が支払われる保険です。

保険金額は、自分が契約している対人保険と同一額が限度額となります。無制限の対人保険に加入している場合、限度額は2億円になります。

この保険は相手が負うべき損害賠償額の不足分をカバーするのが目的の保険ですので、実際の損害額から相手などより支払われた保険金額をすべて差し引いた残りの額になります。


 無保険車の条件

 任意の対人保険に加入していない場合
 対人保険に加入しているが、運転者年齢条件などの規定にそっていないなどの理由で保険がおりない場合
 ひき逃げなどで事故の加害者が特定できない場合
 対人保険に加入しているにもかかわらず、その保険額が被害者に支払う賠償額に満たない場合
 
上記の条件のいづれかに該当する場合に保険金を受け取ることができます。
恐ろしいことに の条件である任意保険に加入していない車は全体の15%を占めます。それを考えただけでもこの保険の重要性が認識できるでしょう。


また、無保険車傷害保険での補償対象者や条件は保険会社の商品(完全補償タイプかそうでないか)によって異なりますので、加入時によく確認することが必要です。

例えば・・・
 対象者
(例1)記名被保険者のみのタイプ
(例2)被保険者やその家族も含まれるタイプ など

 対象となる条件
(例1)車に搭乗中のみ適応するタイプ
(例2)車に搭乗中以外の事故でも適応するタイプ など

完全補償タイプではない保険の場合は、対象者に家族が含まれないなどの条件が異なりますので要注意です。


  自動車保険(任意保険)を見直してみようかな?と思ったら・・・
   こちら をクリック!!