トップページ > ▼自賠責保険について > ▽自賠責保険の最高補償額は?



▽自賠責保険の最高補償額は?

現在、この自賠責保険の賠償金の最高限度は1事故1名につき、死亡3000万円、重度の後遺障害4000万円、傷害120万円となっています。

1回の事故で何人もの被害者が出た場合は、それぞれの被害者に対してこの限度額まで支払われ、保険期間中なら何回事故を起こしても保険金額は減額されません。
例えば、「交通事故で入院し、その後死亡した」という場合は、最高3120万円(傷害120万円+死亡3000万円)の保険金が支払われます。入院、通院の後に後遺障害になった場合も同様です。

また、1名の被害者に対して、加害車両が2台以上のケースでは、それぞれの自賠責に保険請求ができるので、補償の限度額は加害車両の台数をかけた額になります。(これを共同不法行為といいます)
例えば、A車とB車の衝突事故に巻き込まれた歩行者Cさんへの自賠責の支払限度額は2倍、つまり傷害の場合で最高240万円、死亡で最高6000万円が受け取れます。



  自動車保険(任意保険)を見直してみようかな?と思ったら・・・
   こちら をクリック!!