トップページ > ▼介護福祉士 > ▽介護福祉士について

▽介護福祉士について

介護福祉士とは?

介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」(昭和62年制定)に基づいた、介護専門職としては唯一の国家資格として厚い信頼を寄せられています。社会福祉士が「ソーシャルワーカー(SW)」と呼ばれるのに対し、介護福祉士は「ケアワーカー(CW)」と呼ばれます。

介護福祉士は、専門知識や技術をもって、身体上・精神上の障害により日常生活を営むのに支障がある方に対し 、能力に応じて少しでも自立した生活が送れるよう、入浴、排せつ、食事などの介護を行います。
さらに、ご当人と介護者に対して、介護に関する指導やアドバイスを行う立場にもあります。

資格取得後の就業は、社会福祉施設や老人ホーム、障害者施設などで専門職員として従事するのが一般的です。

介護福祉士の仕事内容

高齢者や障害者の生活を支えます。
要介護の高齢者や障害者の自立を助けるため、食事や入浴、排泄、衣服の着脱や移動など、さまざまな身のまわりのケアを行います。

利用者や家族の心もサポート。
ストレスや悩みを抱えた家族の精神面での支えになったり、
高齢者にとっての毎日の心のより処になることもあります。

さまざまな人と力を合わせることも大切。
家族やヘルパーに介護の方法を助言・指導。
ケアマネージャーのケアプラン作成のサポートや医療職、看護師、保健師などと連携を図ることも必要です。


現在全国で約10万人の介護福祉士が活躍しています!

介護老人福祉施設
常時介護を必要とし、在宅での介護が困難な高齢者の日常生活上の介護サービス等を行う施設です。現在、最も多くの介護福祉士が活躍している施設でもあります。

介護老人保健施設
病状安定期の高齢者が家族復帰を目的としたリハビリステーションや看護・介護を受ける施設です。

介護療養型医療施設
長期療養を必要とする高齢者が治療や療養などのサービスを受ける施設です。

ホームヘルプサービス
在宅の身体介護や生活援助等、日常生活全般を支援するサービスです。「ヘルパーステーション」等と呼ばれる場所に勤務し、介護福祉士の有資格者はサービス提供責任者として勤務できます。

身体障害者更正援護施設
肢体不自由者更正施設、視覚障害者更正施設、聴覚・言語障害者更正施設など約20種類あります。医師や看護師などとの連携や、適切な介護力、経験・知識が要求されます。

デイサービスセンター
在宅で生活している高齢者が週に数回通所し、日常生活の世話や機能訓練を受けたり、レクリエーションを行う施設です。様々なサービスが提供されます。

児童福祉施設
保育所のほかに乳児院や養護施設などの保護を目的とした施設があります。時間をかけて子どもたちの社会的な自立を助けていく、生きがいのある職場です。