トップページ > ▼ホームヘルパー > ▽ホームヘルパーについて

▽ホームヘルパーについて

ホームヘルパーとは?
高齢者や心身障害者など、日常生活を送るのに不自由がある人たちの住まいを訪問してサービスを提供する人のことです。

ホームヘルパーの仕事内容
ホームヘルパーの仕事としては、主に身体介護と家事援助がありますが、家族への介護技術の指導や精神面のケアなども重要な仕事です。
<身体介護>
食事の介助、排泄の介助、衣類の着脱、入浴の介助、通院・デイサービスへの付き添い、体位交換、リハビリの介助、健康チェックなど。
<家事援助>
症状に合わせた食事の準備、洗濯、衣類の繕い、掃除・整理整頓、買い物など。
<相談助言>
生活や介護、居住環境などについての相談、精神面のケアなど。





主な勤務先
要介護者の各家庭のほかに、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、デイサービスセンター、有料老人ホーム、グループホームなど

ホームヘルパーになるには
ホームヘルパーになるには,県または県が指定した事業者が実施する訪問介護員養成研修を規定の時間数受講する必要があります。
受講終了後,県または事業者より修了証明書が交付されます。

■3級 (受講資格は特になし)
3級でもホームヘルパーとして働けますが、介護の現場が募集しているのは多くが2級以上です。
■2級 (受講資格は特になし)
求人では、2級以上がメインであり、生活支援・身体介護・相談助言を行ないます。
■1級 (2級ヘルパーの実務経験1年以上)
ヘルパー業務のより深い知識や技術に加え、ヘルパーをとりまとめ、チームケアの担い手となるサービス提供責任者や主任ヘルパーとしても活躍します。
准看護師や介護福祉士の有資格者も、ホームヘルパー1級資格取得者と同等スキルがあるとしてホームヘルパー業務を行うことができます。