トップページ > ▼保育士 > ▽たの学の【保育士合格通信講座】

▽たの学の【保育士合格通信講座】

◎たの学.comの【保育士合格通信講座】とは?

子供と一緒に成長できる仕事です!

保育士の資格取得に向け、一般受験の方に最適なコース設定となっており、国家試験対策に精通した専門講師陣が教材を監修しています。
国家試験対策は多くの問題を解くことが重要です!各科目担当講師が自信をもって制作した演習問題をはじめ、模擬試験、過去問題など多くの問題を解いて、自己評価を行い弱点克服をしてください。この教材で満点が取れるまで、繰り返し学習しましょう。また、保育士国家試験直前対策セミナーを開催しています!


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
 (もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
         ↓ ↓ ↓
ヒューマンアカデミーの通信講座 『たの学.com』

※ 『たの学.com』の資料請求方法
?@ 画面右側中央にある  をクリック!

?A 画面左側中央にある  をクリック!





◎たの学.comの【保育士合格通信講座】ポイント

<ポイント1> 一般受験の方に最適なコース設定です!
合格単科コースの受講ができます。出題傾向と対策を徹底分析した教材で、合格の二文字が導けます!!また、ビデオ・DVD・e-通信から選んで学べます。

<ポイント2> 国家試験対策に精通した専門講師陣が教材を監修!
全国社会福祉協議会テキストを基準として、その他教材は制作されています。最高水準として、クオリティーの高い内容の各教材で学習ができます。

<ポイント3> 国家試験対策は多くの問題を解くことが重要!
各科目担当講師が自信をもって制作した演習問題をはじめ、模擬試験、過去問題など多くの問題を解いて、自己評価を行い弱点克服をしてください。この教材で満点が取れるまで、繰り返し学習しましょう。

<ポイント4> 保育士国家試験直前対策セミナーを開催!
保育士国家試験の前に、最終確認として単科セミナーを受講しましょう。
■筆記試験対策
大学の専門課程で指導する、国家試験に精通した講師による出題傾向と対策の要点をしぼった講義による指導です。
■実技試験対策
実技試験に合格するために音楽・絵画・言語各分野の合格対策として、特に重要となる要点を解説します。


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
 (もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
         ↓ ↓ ↓
ヒューマンアカデミーの通信講座 『たの学.com』

※ 『たの学.com』の資料請求方法
?@ 画面右側中央にある  をクリック!

?A 画面左側中央にある  をクリック!





◎たの学.comの【保育士合格通信講座】のカリキュラム

国家試験を一般受験する方に最適なコース設定!

<学習内容>

【社会福祉】 日本の福祉サービスについて(保険のしくみ)

【児童福祉】 こどもを守るための法律について(虐待を受けていたり障害のあるこどもたちのために)

【発達心理学】【精神保健】 こどもの心の成長について(こどもの健やかな心の発達や、障害のあるこどもの心の理解)

【小児保健】 こどもの病気の名称・種類・症状・衛生面から、病気から守るための安全教育について

【小児栄養】 こどもの健康を保つための食事について(離乳食・おやつ・母乳など)

【保育原理】 身体の成長について(年齢による遊びの援助の違いなど、保育士としてのマニュアル)

【教育原理】 教育の歴史。どうしてこどもに教育が必要か?について(指導計画・反省・カリキュラム)

【養護原理】 養護の歴史。どうしてこどもに教育が必要か?について(指導計画・反省・カリキュラム)

【保育実習理論】【実技対策】 音楽・言語・絵画と実技試験で重要となるポイントを解説します


少しでも興味を持ったら、まずは資料請求!
 (もちろん資料請求は無料!)

資料請求はココをクリック!!
         ↓ ↓ ↓
ヒューマンアカデミーの通信講座 『たの学.com』

※ 『たの学.com』の資料請求方法
?@ 画面右側中央にある  をクリック!

?A 画面左側中央にある  をクリック!





◎たの学.comの【保育士合格通信講座】の教材

全国社会福祉協議会テキストを基準にした全教材監修!

<送付物>
* 学習の進め方
* 受験の手引き
* 全国社会福祉協議会テキスト
* 講義レジュメ
* 講義ビデオまたはDVD
* 演習問題40(解答・解説付き)
* 全2回模擬試験(解答・解説付き)
* 要点カスタム集
* 質問票

【主要教材内容紹介】
<全国社会福祉協議会テキスト>
最も保育士国家試験に精通する全国社会福祉協議会発刊のテキストをメインに学習します。まずは試験の出題範囲・出題方式・出題数・試験時間等を予習しておきましょう。
<講義レジュメ>
ビデオまたはDVDによる映像講義で使用します。講義での重要ポイントをしっかりレジュメに書き込んでまとめることで、国家試験合格への1冊が出来上がります。
<演習問題40>
(解答・解説付き) 自分の苦手とする分野が分かりますので、特にその分野については何度も復習することが大切です。満点がとれるまで、何度も繰り返し学習しましょう。演習問題40の解答解説を使用し、再度自分の苦手分野を把握して弱点を克服しましょう。満点がとれるまで、何度も繰り返し学習しましょう。
<全2回模擬試験>
(解答・解説付き) 実際の試験の雰囲気が分かるよう、時間を計って解いてみましょう。2回分あります。弱点分野を把握するため、実際の試験状況に慣れるために、行ってください。『模擬試験』の解答解説?