トップページ > ▼ケアマネージャー(介護支援専門員) > ▽ケアマネージャー(介護支援専門員)について

▽ケアマネージャー(介護支援専門員)について

<ケアマネジャーとは?>

ケアマネジャーは、2000年4月から施行された「介護保険法」に定められた公的な資格です。一般的にはケアマネージャーと呼ばれますが、「介護支援専門員」が正式名称となります。新しい資格ですが、介護保険制度を支えるエキスパートとして需要が高まっています。

<ケアマネージャーの仕事内容>

介護保険の利用者やその家族との相談、また、介護保険利用者の希望やの心身の状態等を十分に考慮し、介護利用者に最適な介護プランを作成します。作成後は市町村、 在宅サービス事業者、介護保険施設等との連絡調整を行い、介護保険利用者のフォローを行います。


<ケアマネージャーの現状>

介護保険制度において介護を必要とされる方のために、ケアプランの作成やケアサービスの調整・管理をおこなうのがケアマネジャー(介護支援専門員)です。試験に合格後、実務研修を受講終了すると資格を取得することができます。
これまでのケアマネジャー試験合格者は約30万人。しかし、実際の業務に携わっている人はその4分の1とも5分の1ともいわれています。介護保険施設や指定居宅介護支援事業者には、一定数のケアマネジャーを配置することが義務づけられていますが、ケアマネジャーの数はまだまだ不足しているのが現状なのです。