トップページ > ▼ベビーシッター > ▽ベビーシッターについて

▽ベビーシッターについて

<ベビーシッター>
子どもの成長の喜びに立ち会える仕事!
◆仕事内容
子どもの成長と保護者の育児をサポートする「保育のプロ」。各家庭の教育方針をそのまま引き継いで子供をお世話するのが特徴です。保育の多様化、女性の社会進出、核家族化に伴い、在宅保育サービスが社会的に認知されるなかで、需要が増え続けています。

ベビーシッター利用者の「ベビーシッター選びの判断材料が欲しい」との声から、ベビーシッターに対する信頼性の向上と社会的地位の確立を図ることを目的に、一定の要件を満たすベビーシッターに対し「認定ベビーシッター」資格が付与されるようになりました。 
一般的に「保育士」や「幼稚園教諭」を取得していた方が有利と言われていますが、そういった資格を取得するのは時間的にも費用的にもとても大変なことです。その点、ベビーシッター資格は、短時間で取得、即活用でき、資格は保育の知識・スキルを持っていることの証明になるため、就職も有利になります。

◆活躍の場
ベビーシッター派遣会社に登録して個人宅での保育、自宅で子どもを預かる保育ママ、と活躍のスタイルはさまざま。シッターをメインに働く以外にも、学業や主婦業の空き時間を見つけてアルバイト感覚で働いたり、本業とシッターのかけもちで仕事をしたりと、働く日数や時間は自分のライフスタイルにあわせやすいのも魅力。最近はレストランやホテル、デパートなどでもベビーシッターのニーズがあるため、活躍の場はますます広がっています。

◆.資格取得方法
社団法人 全国ベビーシッター協会が実施する研修を受講・修了した後、試験を受験。
※ベビーシッターの仕事に就くに際して、特に資格は必要ないので民間団体の実施する講座を修了し、修了認定書を取得しての就職も可能。