NTTドコモ「P906i」

横向きUIとワンセグ強化で“Wオープン”デザイン洗練──「P906i」
P905iの優れた特徴を継承しつつ、デザインや機能がさらに向上した「P906i」。横向きUIやP905iTV並みのワンセグ機能、顔認識AFなどを追加しながら1.1ミリの薄型化を果たし、デザインが洗練。ガンダムやレイトン教授などの人気ゲームも内蔵する。

 905iシリーズの人気モデル「P905i」のWオープンスタイルを継承し、デザインや機能をさらに磨きあげた“VIERAケータイ”がパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P906i」。カラーはメタル、ピンク、ホワイト、ブラックの4色を用意する。

外観デザインは背面パネルのミラーフェイスと高級感のある鋭角的なボディが特徴。Wオープンヒンジの出っ張りやワンセグ用ロッドアンテナを排し、 P905iより1.1ミリ薄い、厚さ17.4ミリを実現した。ワンセグやゲーム、動画・写真・Web表示に適した“ヨコオープンスタイル”やワンプッシュオープンボタンといった、前モデルで好評の機能も引き続き搭載する。

 ディスプレイはP905iより0.1インチ大きい3.1インチのフルワイドVGA液晶を採用。854×480ピクセル/上下左右160度の高解像度、広視野角を実現するディスプレイで、ワンセグや動画、写真、Web閲覧を快適に表示できる。ワンセグの性能は「P905iTV」と同等になり、フレーム補間技術「モバイルWスピード」や最大4000:1のコントラスト比を実現する「モバイルWコントラストAI」、ワンセグ視聴中のメール詳細内容表示、10倍・30倍の早送り/早戻し再生機能などを新たに搭載。ワンセグアンテナは内蔵型となった。

 メニューインタフェースにはヨコオープンスタイル用の横向きメニューを新設。待受画面、データBOX、動画・音楽プレーヤー、ワンセグ、フルブラウザ、iアプリの各機能を横向きのまま利用できるようになった。カメラは510万画素CMOS。人物の顔を5人まで認識できる「顔オートフォーカス&オート露出」を新たに搭載し、逆光や日陰・曇りでも肌色をきれいにする補正機能も向上した。

 そのほか、プリインストールゲームアプリも充実する。モバイルGoogleマップや音声検索にも対応する標準の地図アプリのほか、ヨコオープンスタイルとワイド画面で利用できる「機動戦士ガンダム U.C.0079」とニンテンドーDS用タイトルの携帯版「レイトン教授と不思議な町」フルバージョンをプリインストールする。ゲーム画面をテレビなどへ外部出力できるAV出力機能も備える。



 NTTドコモワンセグ対応端末「P906i」の主な仕様

サイズ:約50×108×17.4ミリ
重さ:約123g
連続通話時間 :3G:約200分(テレビ電話:約110分)、GSM:約190分
連続待受時間 :約580時間(静止時)、約260時間(GSM/静止時)
ワンセグ連続視聴時間 :約200分
アウトカメラ :有効約510万画素CMOS 顔認識AF&オート露出
インカメラ :有効約33万画素CMOS
外部メモリ:microSD、microSDHC(別売り)
メインディスプレイ:約3.1インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶 26万2144色
サブディスプレイ: 約0.9インチ(128×36ピクセル)白色有機EL 1色
ボディカラー :メタル、ピンク、ホワイト、ブラック

 
スポンサードリンク