au(KDDI)「W62T」

使い勝手と高級感、ウェッジシェイプボディの新スタンダード携帯「W62T」
東芝製の「W62T」はワンセグやEZ Felicaなどの基本機能をしっかり備えながら、見やすさや使いやすさ、そして高級感も演出する“新スタンダード”端末。指紋が付きにくいアルミパネルと落ち着いたデザイン、ワンセグを簡単に起動する「ワンタッチTVキー」を備え、6月10日発売される。

 アルミパネルによる高級感と使いやすさを追求した東芝製の“新スタンダード”ワンセグ端末が「W62T」。ワンセグやFeliCa、マルチプレイウィンドウ、高速通信のEV-DO Rev.A、320万画素AFカメラなどのハイエンドモデル機能とともに、ベーシックなボディデザインと使いやすさを追求したスタンダードモデルの特徴もあわせ持つ。

ボディはスマートな折りたたみスタイル。背面パネルに指紋が付きにくく、上質なさわり心地のアルミ素材を用い、2007年春モデルの「W53T」に採用したウェッジシェイプデザインを再び取り入れる。先端へいくにつれてゆるやかなカーブを描くフォルムで落ち着いた“オトナ”なイメージを演出する。

 プラットフォームはKCP+を採用。2007年秋冬モデル「W56T」の特徴を多く引き継ぎ、ワンセグやEZ FeliCa、au one ガジェット、マルチプレイウィンドウ、高速通信のEV-DO Rev.A(下り最大3.1Mbps/上り最大1.8Mbps)、手ブレ軽減機能付きの320万画素AFカメラを搭載。外光下でも見やすい2.8インチのワイドQVGAクリアスクリーン液晶を採用する。

 ワンセグは東芝製の液晶テレビ“REGZA”で培った映像技術を盛り込み、録画・視聴予約やタイムシフト再生が可能。新たに、より手軽にワンセグを楽しむための「ワンタッチTVキー」を備えた。ワンタッチTVキーは簡易タスク切り替えキーとして機能し、EZwebなど、ほかの機能を使用もワンタッチTVキーの操作だけでワンセグ画面に切り替えられる。このほか、LISMO Playerやカメラ、モバイルライトなどの機能を割り当てることも可能だ。


 au(KDDI)ワンセグ対応端末「W62T」の主な仕様

サイズ:約50×104×16.8ミリ
重さ:約124グラム
連続通話時間 :約260分
連続待受時間 :約290時間
ワンセグ連続試聴時間 :約4時間20分
アウトカメラ :有効324万画素 AF、手ブレ軽減機能付き
外部メモリ:microSD
メインディスプレイ:約2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)液晶
サブディスプレイ :約0.6インチ(62×14ピクセル)有機EL
ボディカラー :bright gold、urban red、traditional black

 
スポンサードリンク