ソフトバンク「921P」

ソフトバンクの2代目“VIERAケータイ”として登場する「921P」。ワンセグ、フルワイドVGA液晶、HSDPA、Bluetooth、 GPSなどのほぼ全部入り機能と、横にも開くWオープンスタイルをそのままに、フレーム補間技術や顔認識AFカメラを備え、凹凸のないスマートなボディに進化した。

ディスプレイが横にも開く“Wオープンスタイル”を継承し、デザインを洗練。パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「921P」は、機能や使い勝手を向上させたソフトバンクモバイルの2代目“VIERAケータイ”として登場する。

前機種「920P」で好評だったWオープンスタイルはそのままに、ヒンジや背面パネルの出っ張りをなくすとともにワンセグアンテナも内蔵してスリムなボディに進化した。ワンセグの映像を倍の30fpsに変換し、映像をなめらかに表示する「モバイルWスピード」をソフトバンクモバイル向け端末として初めて搭載する。

 ディスプレイは920Pの3インチから3.1インチのフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶に大型化。パナソニックのハイビジョンテレビ“VIERA”シリーズで培った高画質化技術「モバイルPEAKSプロセッサー」や、「液晶AI」と光センサーにより周囲の環境に応じて画面の明るさを自動調整する機能などを備える。

 カメラは507万画素のCMOSを引き続き採用。オートフォーカス(AF)や手ブレ補正機能に加え、新たに顔認識AF+AE(オート露出)を搭載した。ファインダー内の人物の顔を最大5人まで自動検出・自動追尾し、最適な露出で撮影できる。

 基本スペックはドコモ向けの「P906i」とほぼ同一。921Pならではの機能として、ワンセグとフルブラウザをワンタッチで切り替えられる「メディアジャンプボタン」を備える。

 主な対応機能は、3Gハイスピード(HSDPA)、世界対応ケータイ(国際ローミング3G/GSM)、おサイフケータイ、ICデータ通信、 Bluetooth、ケータイ書籍、きせかえアレンジ、デコレメール、S!GPSナビ、着うたフル+WMA+SD-Audio対応音楽プレーヤーなど。


 ソフトバンクワンセグ対応端末「921P」の主な仕様

サイズ:約50×109×17.5ミリ
重さ:約125g
連続通話時間 :3G:約220分、GSM:約200分(静止状態、折りたたみ時)
連続待受時間 :3G:約650時間、GSM:約410時間(静止状態、折りたたみ時)
ワンセグ連続試聴時間 :約3時間20分
アウトカメラ :有効約507万画素AF、手ブレ補正+顔認識AF/AE付き
インカメラ :有効約33万画素
外部メモリ:microSD(2Gバイト)、microSDHC(8Gバイト)
メインディスプレイ:約3.1インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶、最大26万色
サブディスプレイ:約0.9インチ(128×36ピクセル)有機EL、1色
ボディカラー :ゴールド、シルバー、ブラック、パープル、ミントグリーン、ピンク


 
スポンサードリンク