au(KDDI)「W61SA」

auの春モデルでは最大の3インチ有機ELディスプレイを搭載する「W61SA」は、KCP+プラットフォームを採用したフルスライド型のハイエンド端末。デジタルラジオ、FMトランスミッター、Bluetooth、オーディオ機器連携など、音楽機能も充実する。

三洋電機製の「W61SA」は、プラットフォームに「KCP+ 」を採用したフルスライド型のハイエンドモデルだ。“EZ FeliCa が非搭載だが、ワンセグやデジタルラジオ、Bluetoothなどを標準装備する。

 ディスプレイは、auの2008年春モデル中では最大の約3インチ有機ELを採用した。有機ELパネルの表面に強化ガラスを密着させた“ファインパネル”を採用し、傷を防いで光の乱反射を抑えるとともに、見やすさも向上させている。解像度はフルワイドQVGA(240×432ピクセル)となる。

スライド型端末のソフトキーや発話/終話キー、十字キーは、ディスプレイと同じ面に配置することが多いが、W61SAではダイヤルキーと同じ面にまとめている。これによりキーの操作性が増すとともに、閉じるとディスプレイのみが見えるテレビのような「Full frontスタイル」を実現した。ディスプレイ下部にはタッチセンサーを備え、閉じた状態でもLISMOやワンセグを操作できる。

 プラットフォームは「KCP+」を採用し、さまざまなツールを待ち受け画面に配置できる「au one ガジェット」やワンセグとメールなど、2つの画面を同時に表示できる「マルチプレイウィンドウ」といった機能を備える。

 オーディオ機能は、LISMOやワンセグのほか、ソニー製オーディオ機器との連携やデジタルラジオ、EZ・FMに対応。FMトランスミッターとBluetoothも搭載し、ワイヤレスで音楽を楽しめる。

 主な対応サービスは、新機能「au Smart Sports『Run&Walk』」のほか、EZチャンネルプラス、EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、災害時ナビ、安心ナビ、au oneメール、デコレーションメール、EZニュースフラッシュ、ケータイ探せて安心サービス、安心ロックサービス、オープンアプリプレーヤーなど。



 au(KDDI)ワンセグ対応端末「W61SA」の主な仕様

サイズ:約51×108×17.7 ミリ
重さ:約140g
連続通話時間 :約250分
連続待受時間 :約260時間
ワンセグ連続視聴時間 :約3時間30分
アウトカメラ :AF付き有効約199万画素
外部メモリ:microSD
メインディスプレイ:約3インチ フルワイドQVGA(240×432ピクセル)有機EL
ボディカラー :フュージョンブラック、イノセンスホワイト、グレースピンク

 
スポンサードリンク