NTTドコモ「D705i」

シャープなスクエアフォルムに3インチワイドQVGAの大画面、フロントパネルにはボディカラーごとに異なるテクスチャーを採用――。これまでの“D”のスライドケータイとは少し異なる雰囲気のワンセグスライドモデルとして登場するのが、三菱電機製の「D705i」だ。

ボディのフロント部分はクリアなパネルで覆われ、パネル越しに異なる模様のテクスチャーをあしらったデザインが特徴。ホワイトにはドット、ローズ・ピンクにはスピンカット、ピュアブラックにはヘリボーンのテクスチャー柄を採用した。

 3インチワイドQVGA液晶の搭載で、ワンセグを横ワイド画面で楽しめるようになり、タテ/ヨコ画面の切り替えはスライドの開閉と連動。外部メモリへの録画や予約録画にも対応した。予約録画は最大30件まで登録でき、2GバイトのmicroSDに最大約10時間40分の番組を録画できる。

 70xi系の三菱端末としては始めてスピードセレクター(回転する十字キー)を搭載し、、大画面利用時の利便性が向上。音楽プレーヤーは着うたフルとWindows Media Audioに対応し、定額制の音楽配信サービス「うた・ホーダイ」も楽しめる。のぞき見を防ぐ「オンリービュー」は、メール利用時に加え、デコメールやi モード、ワンセグ、フルブラウザ利用時にも使えるようになり、周囲の目を気にすることなくさまざまなコンテンツを利用可能だ。

 ほかにも、簡単操作で電話やメールを発信できる「直デン」機能、ダブルクリックでオン/オフを切り替えられるキーロックなど、使いやすさに配慮した機能が搭載されている。

 アウトカメラはパンフォーカスの有効約130万画素CMOSを搭載し、インカメラは非搭載。国際ローミング(3G)、iチャネル、おサイフケータイ、2in1、マチキャラ、きせかええツール、着うたフル、うた・ホーダイなどのサービスに対応し、3Gハイスピード、直感ゲーム、GSMローミングには非対応となる。


 NTTドコモワンセグ対応端末「D705i」の主な仕様

サイズ:約49×110×15.5ミリ
重さ:約120g
連続通話時間 :約180分(テレビ電話:約110分)
連続待受時間 :約600時間(静止時)
アウトカメラ :有効約130万画素CMOS
外部メモリ:microSD(別売り)
メインディスプレイ:約3.0インチワイドQVGA(240×400ピクセル)TFT液晶
ボディカラー :ローズピンク、ピュアブラック、パールホワイト

 
スポンサードリンク