ソフトバンク「922SH」

「ケータイをインターネットマシンへと進化させる」。孫正義社長がそう宣言してから約3カ月弱。シャープから、Nokiaの Communicatorのような横開きのQWERTYキーボード搭載ケータイが登場する。ワンセグにも対応しており、大画面で映像が視聴可能だ。

ソフトバンクの孫正義社長が「ケータイをインターネットマシンへと進化させる」と宣言した、2007年11月6日の2008年3月期中間決算の会見から約3カ月弱が経過し、いよいよそのコンセプトを具現化した端末が登場する。それがシャープの“インターネットマシン”「922SH」だ。

922SHの最大の特徴は、横開きの折りたたみボディに約3.5インチのフルワイドVGA(854×480ピクセル)NewモバイルASV液晶と、 QWERTYキーを搭載したこと。高解像度ディスプレイを生かしたPCサイトブラウザでのWebブラウジングが可能で、スクロールや拡大/縮小には専用キーも用意されている。PCサイトブラウザの読み込み容量制限は撤廃されており、多くのPC向けWebページの表示が可能になった。

 またメールの作成機能にも工夫を凝らしており、「AQUOSケータイ 920SH」などに採用されている受信ボックスの3ペイン表示や、受信したメールを見ながら返信メールを作成する機能なども備える。文字入力時は最大23文字の一括変換に対応し、コピー&ペースト機能などもある。

 キーボードには46個のキーを用意。キーの幅は約9.9ミリで、親指で操作しやすいよう、キーの中央がへこんでいる。数字の入力は[Function]キーとアルファベットキーの組み合わせで行う方式で、ダイヤルキーはない。なお携帯電話としても使いやすいよう、発話キーや終話キー、[メール]キー、「Y!」ボタン、それに十字キーや決定キーなども用意する。

 ちなみに電話をかけるときは、端末を閉じた状態で背面にあるサブディスプレイとタッチセンサーを活用し、キーボードを操作することなく発信が可能だ。

 もちろん3Gハイスピード(HSDPA)に対応しており、下り最大3.6Mbpsでの通信をサポート。しかもXシリーズのスマートフォンとは異なり、一般的な音声端末と同様に、S!メールやYahoo!ケータイ、S!アプリ、S!速報ニュース、S!電話帳バックアップといったソフトバンクモバイルの各種サービスがそのまま利用できる。ワンセグも搭載しており、フルワイドVGAディスプレイでワイドQVGAの画面が美しく見えるよう、滑らかに画面を拡大する機能なども装備した。

 ソフトバンクのシャープ端末だけに対応機能は非常に豊富で、カスタムスクリーンやWMA対応のミュージックプレーヤー、フィーリングメール、デル文字表示、国際ローミング、顔認証、S!速報ニュース、S!一斉トーク、S!携帯電話バックアップ、Bluetoothなどに対応。BT Watchもサポートする。なおS!GPSナビとS!FeliCaには非対応となる。



 ソフトバンクワンセグ対応端末「922SH」の主な仕様

サイズ:約56×116×17ミリ
重さ:約132g
連続通話時間 :約250分(日本国内・W-CDMA)/約270分(GSM) [静止時]
連続待受時間 :約340時間(日本国内・W-CDMA)/約310時間(GSM) [静止時]
アウトカメラ :有効200万画素CMOS
インカメラ :有効11万画素CMOS
外部メモリ:microSDHC(別売り、最大4Gバイト)
メインディスプレイ:3.5インチフルワイドVGA(854×480ピクセル) 最大26万色表示 NewモバイルASV液晶
サブディスプレイ:1.18インチ(128×64ピクセル)白色有機EL
ボディカラー :パールホワイト、メタリックブラック、ブロンズゴールド、パールピンク

 
スポンサードリンク