NTTドコモ「P905i」

“VIERA”ケータイが登場──。パナソニックモバイルコミュニケーションズ製のハイエンドFOMA「P905i」は、松下電器のテレビブランド“VIERA”で培った映像高画質化技術「モバイル PEAKSプロセッサ」によるワンセグと横にも開くWオープンスタイルが特徴。従来も同様の高画質化技術を採用していたが、今回、満を持して「VIERA ケータイ」の名が与えられた。

映像、音楽、そしてゲーム。パナソニックモバイル製の「P905i」は、ワンセグ、HSDPA、国際ローミングに加え、“VIERA”の高画質化技術、そして横にも開く機構を採用し、横表示のワイド画面でゲームやサイト閲覧が行える“Wオープンスタイル”を採用する、「全部入り」ハイエンド端末に仕上げた。

今回の905iシリーズで共通となる、ワンセグ、FOMAハイスピード(HSDPA)、GPS、国際ローミング(3G/GSM)への対応はもちろん、オートフォーカス(AF)/6軸手ブレ補正機能付きの5.1Mカメラや2006年秋冬モデル「P903iX HIGH-SPEED」に搭載した、フルブラウザ上のWindows Media Video(WMV)ストリーミング再生機能、AVプロファイル対応のBluetooth、約1000文字を内蔵する豊富なデコメ絵文字機能などに対応。横にも開くディスプレイを採用し、ニンテンドーDS Liteのようなスタイルでワイド画面のメガゲームを横向きで楽しめる。ワイド画面対応のメガゲームは、東京ゲームショウ2007に展示された注目タイトルの1つ「リッジレーサーズモバイル」をプリインストールする。

 ディスプレイはコントラスト比2000:1を実現するワイドVGA(480×854ピクセル)表示対応の3インチフルワイド液晶を採用。 VIERAシリーズで培った映像高画質化技術「モバイルPEAKSプロセッサ」で、デジタル放送特有の映像ノイズを除去するとともにエッジをくっきりと強調し、「記憶色補正機能」で人間の記憶する色に近づけて美しく発色。音声も、リマスターにより失われた高音域部を補正して自然な音で出力する技術を盛り込む。

 アプリはリッジレーサーズモバイルのほかに、音声入力に対応する地図アプリや日本語/英語に相互で翻訳する「しゃべって翻訳」や英和、和英辞書ツールなども内蔵する。



 NTTドコモワンセグ対応端末「P905i」の主な仕様

サイズ:約49×106×18.5ミリ
重さ:約137g
連続通話時間 :3G:約200分(テレビ電話:約110分) GSM:190分
連続待受時間 :3G:約580時間 GSM:260時間(静止時)
アウトカメラ :AF付き有効510万画素CMOS、6軸手ブレ補正機能付き
インカメラ:有効33万画素CMOS
外部メモリ:microSDHC対応
メインディスプレイ:3インチワイドVGA(480×854ピクセル) LTPS_TFT液晶
サブディスプレイ:0.8インチ(96×25ピクセル) 1色有機EL
ボディカラー :ブラック、ホワイト、ピンクゴールド、レッド

 
スポンサードリンク