NTTドコモ「F905i」

ドコモの富士通製端末「F905i」は、3.2インチのワイドVGA液晶を搭載した“ヨコモーションケータイ”。セキュリティ機能を強化するとともに、「らくらくホン」シリーズで人気の「はっきりボイス」と「ゆっくりボイス」を搭載した。

ドコモの「F905i」は、 3.2インチの大型ワイドVGA液晶を搭載した富士通製のヨコモーションケータイ。1677万色表示が可能なスーパーファインIPS液晶が、見る角度の違いによる色調変化を軽減し、自然な画質での映像表現を実現。480×864ピクセルの大画面で、ワンセグやビデオクリップなどの動画コンテンツやPC向けサイトのコンテンツを閲覧できる。

ヨコモーションは従来機種と同様、ディスプレイを左右に90度傾けることで、あらかじめ設定したさまざまな機能を呼び出すことが可能。ワンセグやフルブラウザ、新たに搭載された「地図アプリ」などをPCライクな横表示で閲覧できる。新たにワンセグを視聴しながらiモードやメールなどの機能を表示するマルチウィンドウに対応するほか、ワンセグの録画機能にも対応した。

セキュリティ機能も拡張され、プライバシーモードは個人やグループ単位で電話帳やメールフォルダなどの情報を非表示にすることが可能になった。また、非表示対応の領域が拡充され、「マイピクチャ」「iモーション」「マイドキュメント」「その他(Officeデータ)」「ブックマーク」フォルダも非表示に対応。おなじみの指紋認証にも引き続き対応した。

 新モデルは、使いやすさに配慮したのも特徴の1つで、「らくらくホン」シリーズの人気機能として知られる「はっきりボイス」と「ゆっくりボイス」を、90xiシリーズとして初めて搭載。周囲の騒音レベルを感知し、自動的に音量を調整することで通話相手の声を聞き取りやすくするはっきりボイスと、相手の声を違和感のないスピードに落として、より聞きとりやすくするゆっくりボイスの搭載で、幅広いユーザー層にアピールする。

 ほかにも受信メールの閲覧時やメール本文の文字を拡大・縮小できる「クイックズーム」機能を搭載。周囲からののぞき見などが気になるときには縮小し、Webなどの情報を大きな文字で見たいときには拡大するといった使い方もできる。


 NTTドコモワンセグ対応端末「F905i」の主な仕様

サイズ:約50×108×21ミリ
重さ:約138g
連続通話時間 :約190分(テレビ電話:約110分)
連続待受時間 :約505時間(静止時)、約300時間(GSM静止時)
アウトカメラ :AF付き有効320万画素CMOS
インカメラ:有効32万画素CMOS
外部メモリ:microSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ:3.2インチワイドVGA(480×864ピクセル)1677万色スーパーファインIPS液晶
サブディスプレイ:0.65インチ(96×30)モノクロFSTN
ボディカラー :ブラック、ホワイト、マゼンタ、ブルー

 
スポンサードリンク