ソフトバンク「822SH」

シャープのAQUOSケータイ「822SH」は、AQUOSケータイ最薄・最軽量の3Gハイスピード対応モデル。3インチワイドQVGAディスプレイを搭載し、音楽機能はWindows Media Audioに対応する。

AQUOSケータイ史上、最薄・最軽量モデルとして登場するのが、シャープ製の3Gハイスピード(HSDPA)対応モデルの「822SH」だ。ディスプレイを横にして利用できるサイクロイドボディを採用し、厚さ18ミリ(最薄部14.7ミリ)、重さ120グラムを実現。秋冬モデルの中では、ハイエンド機「920SH」の普及機という位置付けだ。

メインディスプレイとして3インチのワイドQVGAディスプレイを搭載し、背面には時刻や着信ステータスを確認できるサブディスプレイも装備。音楽機能は着うたフルに加えてWindows Media Audioに対応し、音楽CDからWMA形式で取り込んだ楽曲を楽しめる。

 200万画素CMOSカメラを搭載し、赤外線通信に対応。PCサイトブラウザを搭載し、Yahoo!mocoa、3Gお天気アイコン、S!キャスト、カスタムスクリーン、S!タウンなどの機能やサービスを利用できる。なお、BluetoothやS!GPSナビ、国際ローミング、S! FeliCa(おサイフケータイ)には非対応となる。ボディカラーはシルバー、ピンク、ゴールド、ブルー、ブラックの5色をラインアップする。



 ソフトバンクワンセグ対応端末「822SH」の主な仕様

サイズ:約50×110.6×18ミリ(最薄部14.7ミリ)
重さ:約120g
連続通話時間 :約170分(GSM:約260分)
連続待受時間 :約380時間(GSM:約300時間)
アウトカメラ :有効200万画素CMOS
外部メモリ:microSD
メインディスプレイ:3インチワイドQVGA(240×400ピクセル)モバイルASV液晶
サブディスプレイ :0.5インチ(60×32ピクセル)有機EL(白2行)
ボディカラー :シルバー、ピンク、ゴールド、ブルー、ブラック

 
スポンサードリンク