NTTドコモの2007年冬モデル発表

NTTドコモが2007年冬モデル「905i」シリーズ10機種を発表。フルワイドVGAにワンセグ、HSDPAを標準で装備する905iシリーズに加え、“Cyber-Shotケータイ”や“VIERAケータイ”などの企画端末が登場した。

NTTドコモが発表した905iシリーズは、全機種がHSDPAとワンセグ、国際ローミング(3G/GSM)とGPSに対応。さらに、アスペクト比16: 9を実現するフルワイドVGA表示対応の3インチオーバークラスの液晶ディスプレイと、3Mピクセル以上のカメラ機能を備えた。

HDDレコーダー“楽レコ”シリーズに搭載されるハイライト再生機能を採用した三菱電機製の「D905i」、ヨコモーションとプライバシーモードをさらに進化させた富士通製「F905i」、5.2Mカメラとダブルブレ補正に加え、NEC端末として初めてワンセグを搭載した「N905i」、横にも開くダブルオープンスタイルでワンセグやメガゲームを楽しめるパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P905i」、TOUCH CRUISERで手書き認証が可能なシャープ製スリムワンセグ「SH905i」、ディスプレイ側ボディの両面にあるタッチパネルでAV機能を楽しめるソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製端末「SO905i」をラインアップする。

また、有効510万画素CMOSと光学3倍ズームレンズを備える“Cyber-shotケータイ”「SO905iCS」のほか、フルスライドボディに3.5インチの大型液晶を搭載する“VIERAケータイ”「P905iTV」、3.2インチ液晶とドルビーモバイルを搭載した“AQUOSケータイ” 「SH905i」など、デジタル家電の有名ブランドを冠する企画端末も登場する。

 主な新サービスとしては、従来FOMAハイスピード(HSDPA)対応端末向けに提供されていた「ミュージックチャネル」が動画にも対応し、「Music & Videoチャネル」へと強化された。音楽番組に加えてアニメやお笑いなどの番組も配信する。また映像への取り組み強化として、ビデオクリップ(10MB iモーション)やWindows Media Video(WMV)再生に対応した機種も拡大。音楽再生の履歴情報を基に、コンテンツプロバイダがその人にあった楽曲をレコメンドするサービスなども開始する。

 さらにワイドVGA画面を生かす「地図アプリ」を905iシリーズ全機種にプリインストール。初回利用から90日間はお試し期間として無料でナビや乗換案内などの機能が利用可能。お試し期間終了後はゼンリンデータコムの専用サイトをマイメニュー登録することで継続して利用できる。メニューや待受画面などをカスタマイズできる「きせかえツール」は、着せ替え可能な範囲を拡大。全メニューの第2階層までカスタマイズ可能になったほか、決定キーラベルなどの着せ替えに対応。直感ゲームは振る、傾ける、体を動かすと言ったそうさに加えて“しゃべる”ことで操作する音声入力にも対応した。

 気象庁が配信する緊急地震速報などを、輻輳の影響を受けず特定エリアに一斉配信する緊急速報「エリアメール」も年内に開始する。

 
スポンサードリンク