ソフトバンクモバイルがauの新料金プランに対抗「月額850円から」

ソフトバンクモバイルは10月5日,KDDIが4日に発表した新料金プランに対抗し,「シンプルオレンジS」と「シンプルオレンジL」を追加すると発表した。11月12日から導入する。

 月額基本料はシンプルオレンジSが850円,シンプルオレンジLが2425円。端末購入時に補助金がないKDDIの新料金プラン「シンプルプラン S/L」よりも月額200円安くした。シンプルオレンジSはホワイトプランの980円より安く,同社最安の月額基本料となる。通話料はシンプルオレンジS が15.75円/30秒,シンプルオレンジLが10.5円/1分でKDDIと同じ。SMS(ショート・メッセージング・サービス)送信料は3.15円/ 通,S!メールの送受信料は2.15円〜210円/通,パケット通信料は0.105円/パケットである。

 さらにソフトバンクモバイルの場合は,シンプルオレンジでも割賦販売方式の「新スーパーボーナス」を使って端末を購入できるようにした。販売店に一括して端末価格を支払わなくてもよい。ただし,端末の月々の支払いを軽減するために毎月の基本料と通信料を一定額割り引く「スーパーボーナス特別割引」による減額分は,従来に比べて毎月最大870円,総額で最大2万880円減る。


スポンサードリンク