ソフトバンク「805SC」

「805SC」は、ワンセグ+HSDPAの“世界最薄”スライドワンセグケータイ。

ソフトバンクモバイルが、開発を表明していたSamsung電子製の“世界最薄スライドワンセグケータイ”「805SC」について、その詳細を明らかにした。

805SCはソフトバンクモバイルが、春に発売を予定していた端末で、1月下旬の春モデル発表時には「HSDPA端末」「ワンセグ対応」「厚さ13.5ミリ」「2メガカメラ搭載」「Bluetooth対応」という4点のみを紹介していた。

 805SCは、“ユニセックスなモダンデザイン”をうたうワンセグ+HSDPA端末で、ボディカラーはホワイト、ローズ、ターコイズブルー、ラベンダーの4色をラインアップする。200万画素のCMOSカメラやワンセグ、HSDPAなどのハイエンド機能を備えながら、厚さ13.5ミリ、重さ101 グラムというスペックを実現した。

 ワンセグ視聴中にも音声通話やメールの着信に対応できるなど、大事な連絡を逃すことなくワンセグを楽しむことが可能。カメラは最大4倍のデジタルズームに対応した200万画素CMOSで、パノラマ撮影機能や複数枚の画像を1枚に合成する機能や動画編集機能を装備する。また、下り最大3.6Mbps の高速データ通信サービスの「3Gハイスピード」に対応し、着うたフルや動画ファイルなどのコンテンツダウンロード時やPCサイトブラウザ利用時の利便性が向上するという。

 ソフトバンク向けサービスについては、Yahoo!ケータイ、Yahoo!mocoa、PCサイトブラウザ、S!タウン、着うたフル、電子コミック、S!アプリに対応。発売は6月中旬を予定している。



 ソフトバンクワンセグ対応端末「805SC」の主な仕様

サイズ:約51.5×100.6×13.5ミリ
重さ:約101g
連続通話時間 :165分(W-CDMA)
連続待ち受け時間 :230時間(W-CDMA)
メインディスプレイ :2.12インチQVGA TFT液晶(最大26万色)
アウトカメラ :有効200万画素CMOS
インカメラ :有効30万画素CMOS
外部メモリ :microSD(最大2Gバイト)
カラーバリエーション :ホワイト、ローズ、ターコイズブルー、ラベンダー

 
スポンサードリンク