NTTドコモ「SO903iTV」  

「SO903iTV」は、3インチのワイド液晶を搭載し、ワンセグに対応したソニー・エリクソンモバイルコミュニケーションズ製のFOMA端末で、2007年6月に発売される予定です。


画面の縦横比率が16:9という、3インチで240×432ドットのフルワイド液晶ディスプレイを採用しており、ソニーとソニー・エリクソンが共同開発したという技術「モバイルBRAVIAエンジン」を搭載しています。
同社では、「世界初のBRAVIAケータイ」としており、ソニーの液晶テレビと同じブランド名を採用することで、高画質さをアピールする考えです。

機能面では、軸ずらし機構を採用しており、ディスプレイ角度をワンセグが視聴しやすい約15度に設定できます。
別売の卓上ホルダは、アクリルのような透明パネルと黒いプラスチック風パーツを採用し、SO903iTVを横置きに装着して、テレビのような雰囲気をもたせたものとなっています。
ワンセグ視聴時には、タイムシフト再生や追いかけ再生などをサポートします。外部メモリとして最大2GBまでのmicroSDカードが利用で、microSDカードへの番組録画が可能で、1GBで約320分の録画が可能(内蔵メモリには最大約30分)となっています。また録画しておいた番組は、1.3倍速で再生することもできます。

その他、約200万画素のCMOSカメラを装備し、メガiアプリが利用できます。おサイフケータイ対応で、FeliCaチップはバージョン2.0となっており、iC お引っこしサービスやiC通信などが利用できます。
フルブラウザやドキュメントビューアー、最大2MBのメール機能、デコメ絵文字、FOMAプラスエリア(1.7GHz帯含む)をサポートしています。なおGPS機能や3Gローミング機能、きせかえツールは非対応となっています。


 NTTドコモのワンセグ対応端末「SO903iTV」主な仕様

サイズ:高さ 111mm×幅 50mm×厚さ 19.5mm
重さ:約 140g以下
連続待受時間:約 600時間以上(静止時)、約 450時間以上(移動時)
連続通話時間:約 160分(テレビ電話:約 90分)
カメラ 有効画素数:約 200万
外部メモリ:microSD(別売り)
メインディスプレイ:約 3インチ(ヨコ240ドット×タテ432ドット)WQVGA TFT液晶 262,144色
サブディスプレイ:約 1.1インチ(ヨコ36ドット×タテ128ドット)有機EL モノクロ
ボディカラー :ブリリアントレッド、メタルブラック、ピュアホワイト





快適なワンセグ視聴を追及したワンセグ端末SO903iTV


スポンサードリンク