au(KDDI) 「W51CA」

「W51CA」は、前モデル「W43CA」の基本機能をおさえつつ、ワンセグ機能を統合したハイエンドモデルです。「W41CA」で好評だった待受やメニューの“アデリーペンギン”も登場するカシオ計算機製のWIN端末2007年春モデルです。



カシオ計算機製のWIN端末「W51CA」は、2006年春モデルとして登場した大ヒット端末「W41CA」のボディ形状やサイズをほぼそのまま継承しつつ、ワンセグとauの最新サービスに対応させた高機能端末です。

回転2軸型のボディに、キートップを波形にしたステップキーなど、まさに「W41CA」の再来と思われるボディデザインに、それほど大型化することなくワンセグを搭載しているのが注目です。

最大の特徴は、auの2007年春モデルの中で最長となる、約5時間半の連続視聴を実現したワンセグ機能を搭載したことです。
しかも録画予約や外部メモリへの録画など、ハイエンドワンセグ端末に必須の機能をしっかり押さえています。
また音声付き時短再生や、日立製作所製「W43H」などでおなじみの、着信時に最大約2分間タイムシフトする機能もサポートしており、新搭載のタスク切替機能により、ワンセグ視聴中に届いたメールの閲覧や返信なども可能となります。

ボディは回転2軸型で、ディスプレイはIPSパネルの2.6インチのワイドQVGA液晶を採用しており、テレビ向けにチューニングされた高画質エンジンを搭載しています。カメラはオートフォーカス(AF)付きの有効約207万画素CMOSで、FeliCaや高速赤外線通信が可能なIrSimpleポートも用意されています。

「EZニュースフラッシュ」「EZチャンネルプラス」「デコレーションメール」「EZケータイアレンジ」といった、2006年秋に開始された新サービスに対応するほか、「LISMOビデオクリップ」やJavaベースの勝手アプリなどが利用できる「オープンアプリプレーヤー」も利用可能です。

また、W41CAで好評だった“アデリーペンギン”も、待受画面やメニューに登場します。プリセットアプリには、スクウェア・エニックスのアクションRPG「聖剣伝説−ファイナルファンタジー外伝−(体験版)」を用意しています。


 au(KDDI) 「W51CA」主な仕様

サイズ(幅×高さ×厚み):約50×105×22ミリ
重さ:約135g
連続待受時間:約300時間
連続通話時間:約250分
カメラ :有効約207万画素CMOS
外部メモリ:microSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ :約2.6インチワイドQVGA液晶(240×400ピクセル)
サブディスプレイ:約0.92インチ白色有機EL(96×64ピクセル)
ボディカラー :ブルームピンク、カシミアホワイト、サテンダーク


「W51CA」のボディカラーはシックな「ブルームピンク」「カシミアホワイト」「サテンダーク」の3色で、いずれもパールやメタリックを塗り重ねており、高い質感を感じさせる。


スポンサードリンク