NTTドコモ「P903iTV」

「P903iTV」は、ドコモ向けのワンセグ端末としては2代目として登場するパナソニック モバイル製で、2007年2月に発売される予定です。

パナソニック モバイル製の「P903iTV」は、2006年3月に発売されたドコモのワンセグ端末1号機「P901iTV」の後継として登場するワンセグ端末です。回転2軸スタイルを継承していますが、ディスプレイはワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応の2.8インチになっています。

映像をきれいに見せる独自の高画質技術「モバイルPEAKSプロセッサー」を新たに搭載したほか、2系統のアンテナ信号を合成することで、感度を P901iTV比で20%拡大させるという合成ダイバシティアンテナを装備しました。
連続視聴可能時間は約5時間を実現しており、microSDへの番組録画に加え、Gガイド番組表アプリから予約録画設定も行えるようになりました。メールの読み書きはワンセグとの2画面表示で行えます。


 NTTドコモのワンセグ対応端末「P903iTV」主な仕様

サイズ:約50×110×22ミリ
重さ:約140g
連続待受時間:約570時間(静止時)、約420時間(移動時)
連続通話時間:約155分(テレビ電話:約105分)
アウトカメラ:AF付き320万画素νMaicovicon(動画手ブレ補正)
インカメラ :10万画素CMOS
外部メモリ:microSD(別売り)
メインディスプレイ:2.8インチ約26万2144色TFT液晶(240×400ピクセル)
サブディスプレイ:0.9インチ1色有機EL(96×25ピクセル)
ボディカラー :ブルー、シルバー、レッド





ワンセグ携帯「P903iTV」




スポンサードリンク