ワンセグとデジタルラジオとの違い

デジタルラジオもワンセグと同じ放送サービスで、技術的にも類似の方式となっています。
ただ現在のところ、ワンセグの放送内容は地上デジタル放送と同一番組となっているのに対し、デジタルラジオでは複数の音声や高品質な音楽の提供を主体とするため、サービス内容は異なります。


 デジタルラジオとは?

デジタルラジオとは、現行のラジオ放送とはまったく別の新しいサービスで、正確には「地上デジタル音声放送」と呼んでいます。
音楽CD並みのクオリティなステレオ音声に加え、静止画像や文字、簡易動画などのデータ放送により多彩なサービスが可能です。また、視聴には専用端末が必要です。現在のところ、2006年5月にピクセラから受信機が発売予定となっています。
すでに2003年10月10日に首都圏と近畿圏で放送を開始しました。
デジタルラジオが開始されてもテレビの場合とは異なり、現在のラジオ放送はそのまま継続された上で、デジタル音声放送が追加されます。

「デジタルラジオ」についてもっとくわしく知りたいときはこちら


 ピクセラのワンセグ・デジタルラジオ対応携帯型受信機の仕様

ピクセラのワンセグ・デジタルラジオの両波が受信可能な受信機は、2.17 インチの QVGA カラー TFT 液晶を搭載しており、ワンセグ映像のほかデジタルラジオの簡易動画(H.264)や 5.1ch音声放送に対応し、電源は外部DC5Vまたは内蔵リチウムイオンバッテリーを使用、音声出力は、イヤホン出力のみとなっています。本体寸法は高さ136.5×幅55×奥行き25.5mmで、同社のオンラインショップで販売する予定です。(2006年5月ごろ発売予定・価格未定)

     

スポンサードリンク