モバイルノート「SONY VAIO Type-T」

2006年1月14日に発売された「SONY VAIO Type-T」(オーナーメードモデル VGN-TX91PS・TX91S)は、ワンセグチューナーを内蔵可能な国内初のノートパソコンです。ワンセグチューナーの搭載を選択すれば、専用ソフトウェア「VAIO モバイルTV」を使って、外出先でテレビの視聴・録画ができます。また、データ放送の受信も可能です。


テレビ画質は、ノイズやちらつきなどのない非常にクリアできれいな画質です。視聴スタイルも選択でき、デスクトップの左右どちらかにテレビ視聴の画面を固定すれば、インターネットやメールなど他の作業をしながらテレビを楽しむことができます。
薄さわずか約4.5mmの液晶ディスプレイは、導光板の薄型化やシステム基板の小型・軽量化により、従来の液晶より約50%薄くし、約30%もの軽量化を実現しました。消費電力もLEDバックライトの採用で低くおさえ、スタミナにも貢献します。
また、わずか約180gの名刺サイズ小型ACアダプターが標準で付属されているので持ち歩きにも便利です。


また、2006年6月12日、「VAIO type T」のワンセグチューナ搭載モデル(「VGN-TX91PS」、「VGN-TX91S」)用のアップデータを公開し、予約録画機能などが追加されました。プログラムサイズは9.95MBです。
最新バージョンの2.0では、iEPGや、EPGからの予約録画に対応しており、予約した番組の開始時間が遅れたり、放送時間が延長されたりした場合にも自動で録画が延長される「録りきり録画機能」も追加されています。なお、同機能は予約した終了時刻までに番組が開始された場合に有効で、予約待機時には、電源を切らずにスタンバイ状態にする必要があります。
また、不具合修正として、データ放送が表示できない問題や、意図するものと違ったデータ放送が表示される問題が改善されました。

 モバイルノート「SONY VAIO Type-T」の主な仕様

OS:Microsoft Windows XP Home Edition (SP2)
CPU:インテル Celeron M 超低電圧版 383(1 GHz)
重量:約1.25kg
液晶パネル:16:9(1366×768ドット)
最大駆動時間:標準バッテリー(VGP-BPS5)最長約9時間/大容量バッテリー(VGP-BPL5)最長約14.5時間
SDカードスロット:SDメモリーカード/マルチメディアカード(MMC)
メインメモリー:512MB(512MB×1)
ハードディスク:約40GB
ドライブ:CD-RW/DVD-ROM一体型ドライブ
ワイヤレスLAN: 802.11a/b/g
小型ACアダプター(付属品):約 幅86×高さ21.7×奥行58.4mm
カラー:ブラック・ホワイト・カッパー

スポンサードリンク