地デジ放送 きょうから全国に拡大

テレビの映像、音声、文字情報などのデータをデジタル信号で送る地上デジタル放送(地デジ)が12月1日、岡山、香川、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の計8県の県庁所在地でスタートし、全国47都道府県に拡大しました。全国約5000万世帯の8割程度で視聴可能となる見通しです。

総務省や放送業界はデジタル化で天気予報やニュースを見たいときに確認できるなど、視聴者の利便性が向上すると強調していますが、地上デジタル放送を見るには、対応テレビへの買い替えなどが必要となります。
現行のアナログ放送は平成23年7月の終了が決まっており、放送局や電機メーカーなどは、デジタル放送対応テレビの普及や中継局の着実な整備が求められています。


スポンサードリンク