NTTドコモ「P901iTV」

「P901iTV」は、2006年3月3日に発売されたドコモ端末としては初となるテレビ視聴機能搭載モデルです。
通常のアナログテレビ放送はもちろん、携帯向け地上デジタル放送「ワンセグ」にも対応したFOMA端末です。










  ワンセグとおサイフケータイ対応のFOMA P901iTV




 NTTドコモワンセグ対応端末「P901iTV」の主な仕様

サイズ(折りたたみ時):高さ 110mm(アンテナ除く)x 幅 51mm x 厚さ 27mm(突起部含む30mm)
重さ:約 150g
連続待受時間:約 460時間(静止時)、約 350時間(移動時)
連続通話時間:音声通話時 約 140分、テレビ電話時 約 100分
テレビ連続視聴時間:デジタル 約 3時間、アナログ  1;時間
外部メモリー:miniSDTMメモリーカード(別売)
カメラ有効画素 :201万画素[記録画素数192万画素]
デジタルズーム:最大約12.5倍 / 31段階
メインディスプレイ:2.5インチ、解像度は240×320ドット、262,144色表示の半透過型TFT液晶
サブディスプレイ(プライベートウィンドウ):0.9インチ、96×25ドットの半透過型モノクロSTN液晶
メーカー:Panasonic






  テレビ視聴中に縦・横に画面の切り替えが
   可能なP901iTV



2軸回転ヒンジが採用されており、ディスプレイを露出したまま折りたためる機構を採用しているため、端末を横向きにして全画面での視聴も可能となっています。
液晶表示部を回転させるとテレビが起動し、視聴中に端末のスタイルを変更するだけで縦/横の画面切り替えが可能となっています。アンテナはホイップ式で、様々なスタイルで安定した受信が行なえます。


スポンサードリンク