パイオニアHDDカーナビゲーションシステム「サイバーナビ」

パイオニアの新製品は地デジや音楽配信サービスが楽しめるカーナビです!

パイオニアは、HDDカーナビゲーションシステム「サイバーナビ」の新モデルを5月下旬から順次発売すると発表しました。7.0型のVGA液晶ディスプレイを採用したインダッシュ型など5機種を販売します。

今回の最大の特徴は、全機種とも別売りの地上デジタルTVチューナー「GEX-P9DTV」(価格:10万5000円)を接続することで、携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」を含む地上デジタル放送が楽しめることです。

他にも「ナビマップリンクTV局エリアプリセット」機能(タッチパネルによる操作や現在地に応じて受信可能なテレビ局を自動的にプリセットする)や、現在地から郵便番号データを認識しデータ放送の受信エリアを自動的に設定できる機能などが備わっています。


音楽配信サービスにも対応しており、PCで音楽配信サイトより購入したATRAC形式の楽曲をジャストシステムのデジタルオーディオソフト「BeatJam」を利用してカーコンピューター部と40GBのHDDを内蔵した小型ユニットに転送することができます。また、カーナビとしては初めて音楽配信サービス「エニーミュージック」にも対応しました。

カーナビ機能では、、“マップイコライザー”を搭載。“文字拡大モード”、“住所重視モード”、“道路重視モード”、“施設重視モード”の4種類それぞれに文字の大きさや表示の有無、道路やテクスチャーの色の調整ができます。
そのほか、現地に着いてからの最後の5分間を短縮させる“オートパーキングメモリー”機能を搭載し、目的地近くの駐車場の入り口を自動的に記憶し、次回から効率のよいルートで誘導してくれます。目的地周辺に複数の駐車場がある場合は、8ヵ所まで登録でき、過去の使用履歴や目的地との位置関係から最適な駐車場へ誘導してくれます。加えて、渋滞予測ルート検索も進化し、同社の提供する“ウェザーライブ”情報を取得することで、晴れている日に空いている道、雨が降っている日に空いている道、といったような天気に対応した最適なルート検索が可能になります。


 パイオニアHDDカーナビゲーションシステム「サイバーナビ」のラインアップ

「AVIC-VH009MD」(6月上旬発売):価格35万7000円
7.0型ワイド液晶のインダッシュ型でTV、DVDビデオ、MD、CD機能をはじめ、WMA、MP3、AAC、DivXと5.1chに対応
「AVIC-VH009」(6月上旬発売):価格33万6000円
7.0型ワイド液晶のインダッシュ型でTV、DVDビデオ、CD機能、WMA、MP3、AAC、DivXと 5.1chに対応
「AVIC-ZH009」(5月下旬発売):価格29万4000円
7.0型ワイド液晶で2Dメインユニットタイプ(音楽配信サービスには対応していません。)
「AVIC-XH009」(6月下旬発売):価格30万4500円
オンダッシュTV付き1Dソースユニットタイプ
「AVIC-H009」(6月上旬発売):価格21万円
1Dソースユニットタイプ


 AVIC-VH009MDの主な仕様

液晶ディスプレー:7.0インチワイドTFT(800×480ドット)
対応メディア:DVD-Video、DVD-R/RW、dtsCD、CD-ROM、CD-DA、CD-R/RW
対応フォーマット:MP3、WMA、DivX3.11/4/5.2、AAC
MD再生方式:ATRAC(SP)、ATRAC3(LP2、LP4)
音声出力:50W×4ch
TVチューナー:VHF1〜12ch/UHF13〜62ch
FMチューナー:FM76.1M〜89.9MHz、AM522k〜1629kHz
使用電圧/消費電流:DC14.4V/10A
ディスプレー部サイズ/重量:幅178×奥行き166×高さ50mm/2.1kg
ナビゲーション部サイズ/重量:幅178×奥行き161×高さ50mm/1.5kg
リビングキットサイズ/重量:幅180×奥行き37×高さ204mm/930g

スポンサードリンク